相手の半分は自分

以前から、この言葉を聞いていました。
もちろん、いずれのケースでもちょうど半分ということではないでしょうが。
どう言うことかと言うと・・・
人に接している時、相手に気になる点がある場合、それはその人をそのまま見ているのではなく、その人の中に見ている半分は自分のものである、というものでしょう。
通常、ひとは自分のフィルター(価値観、信念など)を通して相手を見ているので、相手をそのまま”あるがまま”で見ることは難しい。
まったくのノンジャッジメントで人に接することができれば、相手は100%その人であるともいえるかもしれません。
もちろん、まったく別の観点(すべて幻想という観点)から言えば、まったく別ですが。
心理学的に言う投影の別の説明の仕方ですね。
でも、
「相手の半分は自分」

の方が、なんとなく好きです。
そして、これはもちろん、相手に見る「気になる(悪い)」といわれている面に関して言えるだけでなく、好意的な面にも言えるんですね。
「この人のこんなところ、いいなぁ」
と思えるのも、自分の中にそれと同じタネがあるからこそでしょう。
そのタネがなければ、自分の心に響くものがないはずですね。
そのタネにはまだ自分で気づいていないかもしれませんが、
「あぁ、自分にもあるんだ」
ぐらいでもいいので、自分に期待を持ちたいですね。


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    人だけじゃなく、家族、地域、国にも適用できますね。もちろん人で構成されてるからなんですが。
    輪郭は滑らかなカーブを描く。
    いきなりの書き込み申し訳ありません。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ”この人のこんなところ、いいなあと思えるのは、自分の中にそれと同じタネがあるからこそ”って、
    何だか嬉しいフレーズです。
    良いところを探せば探すほど、ウフフ♪な感じになるわけですね(*^▽^*)
    これって、いいですね♪

  • SECRET: 0
    PASS:
    >ともちゃんさん
    そうですね。
    人の集合である家族・地域・国・・・にも適用できますよね。
    どのレベルで捉えているか、ですね。
    スケールを大きくしてみると、視野も広がりますね。
    できることはたくさんありそうです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >みちびきエンジェルさん
    そうです。
    ウフフ♪です。
    また集まってウフフ♪の会(何だそれ?)をしましょう!

  • SECRET: 0
    PASS:
    >御坊 哲さん
    コメントありがとうございます。
    いい面も悪い面も、半分は自分ですね。
    そう考えるといろいろ自分で変えられるところもあるので、自由度がさらに高まりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。