ムダなガマン、頑張り、苦しみを生み出すもの

ガマン、ガマン、ガマン。。。

よく言われることですが、
日本人って結構ガマン強いらしいですね。

昔の人に言わせれば、

「最近の若いもんは、、、」

となるでしょうが、

それでも、やはりガマン強く、
自分を押し殺している人が多いですね。

「会社員だとしょうがない」
「商売をしているとしょうがない」
「家庭があるからしょうがない」

など、

「しょうがない」と思う場面は
人それぞれあるでしょうが

本当に「しょうがない」のかは
見直して見る必要があるかもしれません。

さて、

ずーーーとガマンを続けていると
どうなるでしょうか?

生まれてこの方
ガマンし続けてきたので、

ガマンすることがアタリマエ
になっているケースもあります。

無意識的にいつもガマンしているのに、
自分では気づかないでいる。。。。

そう。

わたしたちは、油断すると
ムダなガマンをしていることがあります。

ムダに苦しんでいることがあります。

ムダなガマン、ムダな苦しみと言ってしまうと、

ず~っと真剣に、深刻に
ガマンして、苦しんできた人は
ちょっと反発を感じるかもしれません。

 

でも、やっぱり

それらを手放した経験のある人の声を聞くと
ムダなガマン・苦しみなんですね。

そして、多くの場合
自分で自分を勝手に
追い込んでいるケースがほとんど^^;

「人は追い込まれた時
 能力以上の力を出せる」
 
ということもあります。

「締め切り効果」とか
「火事場の馬鹿力」
なんていいますよね。

でも、これが毎回毎回だと、
さすがに疲れきってしまいます(>_<)

もちろん、
何か新しいことを学んでいる時期などは
そういう時期があってもいいと思います。

でも、必要以上に
自分を追い込む必要はないですよね。

これ、やり過ぎると

「燃え尽き症候群」になります。
バーンアウト。

頑張りすぎて、完全に疲れきってしまい
その後しばらく使い物にならなくなってしまった

なんて経験ありませんか?

「いや、わたしは慣れているから」
「ずっと、こうやってきたから」

と言っていても、

こんな生活を今後ず~っと
続けていったらどうでしょう?

倒れてから、再起不能になってから
初めて気づくというケースがよくあります。

でも、あなたには
そんなことにはなって欲しくありません。

意味もなく、本当はそこまでする必要もないのに
頑張り続けて、自分を苦しめている。

もし、あなたも身に覚えがあったら
ちょっと見直してみませんか?

先日、2度目のセッションに
いらしてくれたクライアントさん。

前回(1ヶ月ほど前のお試しセッション)
を受けた後の変化を報告してくれました。

大きく2つあるのですが、
今日のテーマと関係ない方は
また別の機会に紹介します

(本当はこちらの方が面白い
 のですが、またの機会に)

そのクライアントさんが
変化として報告してくれたのが、、、

 

「今まで無理して家事を完璧にこなしていたけれど、
疲れている時などは、
サボれるようになりました♪」

というもの。

前回セッションの時に、

「ダンナさんは、
『忙しい時とか疲れているときとか、
    別に無理してやらなくてもいいよ』
と言ってくれるんですけど、、、、」

と言っていました。

ダンナさんが求めているわけでもないのに、
自分の気持ちが許さなかったんですね(>_<)

今回の変化に対しても、
実はダンナさんは喜んでいるかもしれません。

奥さんがあまりに大変そうにしていると、
ダンナさんの方も恐縮してしまったり、

「あ、オレも無理してでも頑張らないと」
とプレッシャーを与えてしまうかも。

それに、カラダのことも心配です。

このクライアントさんは、

前回のセッション後(わずか30分でしたが!)
疲れた時など、自然と家事を
お休みできるようなりました。

「よーし、今日は休むぞ!」なんて
気合いを入れることなく、自然と。

そして、その結果、
本当に、何の問題も一切起こりませんでした。

「あ、本当にこれでよかったんだ」

と、休めるように、リラックスできるようになった
ということです。

これって、もしかしたら
たいしたことない変化だと
思うかも知れませんが、

実はかなり大きな変化です。

家事が毎日のことだから、
ということももちろんありますし、

そもそも、家事に限ることではなく
毎日の生活のあらゆるところに
この変化は波及するからです。

ちょっと話を戻します。

「休めない」
「リラックスできない」

という方は実は結構います。

いつも頑張りすぎて
ガマンし続けている。。。

これまでのクライアントさんからも
友人、知人からもよく聞いてきました。

ずっと休まず、頑張り続けていたら、
かならずどこかで壊れてしまいます。

休めるのは、病気で倒れた時だけ
なんて笑えないけれど、よくあることです。

わたしの前職(コンサル)時代にも

プロジェクト期間中はずっと忙しく
休むことができず、
なんとか身体も持っているのですが、

プロジェクトが終わり、次のプロジェクトまで
長期休暇を取ろうとすると、

急に体調を崩し、
ただ「休む」だけの休暇になってしまった

というケースがよく起こっていました。

 

じゃあ、どうしてこんなに
ムダに頑張ってしまったり
自分を苦しめてしまうのでしょうか?

 

これは、

自分自身の「無価値感」

からくることが多いんですね。

「必死に頑張らないと、自分はダメだ」
「必死に頑張らないと、認められない/愛されない」

なんて思いこみがある場合が多いですね。

こういう思いこみは
あまり役に立つと思えません。

事実だったら仕方ないのですが、
単なる思いこみですので
変えてしまった方がいいですよね。

 

あるいは、

「頑張り続ける」ことに慣れすぎてしまって、

頑張らない」状態、リラックスする状態、
「休む」という感覚がわからない人も

実は結構います(>_<)

これもかなり大変です。。。

こういう人には、
感覚・感情のダウンロードで
そういう感覚を知ってほしいですね~

知らなかっただけなので。

セッションで
これらの思いこみが変わったり、
感覚・感情を知ったりすると、

体験する現実が変わってきます。

このクライアントさんのように♪

さて。

あなたは、
いま、毎日の生活の中で、
仕事・プライベート問わず

ちょっと苦しいな、
頑張りすぎているかもしれないな

と感じることはありませんか?

ぜひ、
5分ほど時間を取って
紙とペンを用意して

苦しいな、頑張りすぎてるかもな
と感じることを

書き出してみてください。
(書き出すことが重要です)

そして、見直してみて

「この苦しみ・頑張りは、
 本当に必要な物なものなのか?」

と自分に問いかけてみましょう。

本当は誰も求めていない苦しみを
勝手に背負っていただけかもしれませんよ^^

この書き出しと問いかけから
変化が始まります。

自分を、ムダなガマン・苦しみから
解放してあげましょう。

 

4205225_m

 

そして、

本当にあなたが望んでいる
毎日を、人生を生きて行きましょう♪

来年まで待つ必要はありません^^


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。