後悔の正体と後悔を手放す方法

あなたは、ついつい後悔してしまうことはありませんか?

 

「あの時、ああしておけばよかった。。。」
「こっちじゃなくて、
あっちを選択しておけばよかった」

なんて後悔の念が湧いてきたりすること。

たとえば、、、

「あの時、結婚しておけばよかった」
「あの時、結婚しなければよかった^^;」

「あっちの学校に行っておけばよかった」
「友だちにあんなこと言うんじゃなかった」
「就職先を間違えた」

「あれ買っておけばよかった(買わなきゃよかった)」
「カツ丼じゃなくて、そばにしておけばよかった。。。」

なんて、後悔しようと思えば、
大きなことから小さなことまで後悔できます。

なぜなら、わたしたちの人生では、
ありとあらゆるところで選択のチャンスがあり、
無数の選択の機会があるので、

その選択の数だけ、
後悔することもできるんです。

選択したことを後悔し、
選択しなかったことを後悔する。

では、なんで「後悔」という感情が湧いてくるのか?

それは、、、

「その選択をしなかったら、
いまよりもいい結果になっていたはずだ」

と勝手に思いこんでいるから。

ズバリこれです。

選択しなかった道は経験していないので、
本当はどうなっていたかわからないのに。。。

 

でも、冷静に考えてみると、、、

もし別の選択をしていたら、
いまよりももっと
悪い結果になっていたかもしれない。

そういう可能性だってあるわけです。

ですよね?

経験していないから、勝手に美化しているけど。

付き合わなかった異性をいつまでも美化しているのと同じ^^

 

これって、頭の中で、

選択しなかった人生をどう想像するか
選択し人生をどう想像するか

だけの問題です。

 

つまり、現実とはまったく関係ない。

 

ただ、問題なのは、

後悔していると、
過去にエネルギーをとられてしまうこと。
過去にとらわれてしまうこと。

その結果、、、

自分(の選択)を責め、
そこで悩んでしまって、
自分が望む人生を生きることができなくなってしまいます。

これが後悔の問題点。

でも、

いまの状態がイヤだったら、

後悔している選択の結果
起こると想像している未来がイヤだったら、

いまから選択を変えていけばいいですよね?

 

思考と感情、行動の選択を変えていく。

この時の選択は、
別に過去の選択にしばられる必要はありません。

あらたに自分で選択しなおせばいいだけ^^

 

3474255_xl

それでも、ついつい後悔しそうになって

「あの時こうしておけば、、、」

という頭の中のおしゃべりが湧いてきたら、、、

その言葉を、こんなふうに変えてみましょう。

 

「あの時この選択をしたおかげで、、、」

その時、あとの続く言葉が勝手に出てきます。
(すぐには出てこなくても、そのうち出てきます)

その選択をしたおかげで経験出来たこともたくさんあるはずです。
(「ない!」と思っていたら、見逃しているだけ)

その選択をしていなかったら
会えなかった人もいますよね。
できなかった経験もある。

ひとつ違う選択をしていただけで、
その人に会えなかったし、
その経験もできなかった。

また、

その選択をしたことで、
ほんとうに自分の望むことがわかった

ということもあります。

これらを失ったら、
もし得られていなかったとしたら

たぶん、後悔します^^;

 

私の例でもたくさんあります。

たとえば、

理系に進んで、
大学院まで行って、

大学で学んだことと全然関係ない
コンサルティングの会社に入って、

いまはコーチングやヒーリングやセミナー講師
(これからは企業研修講師も)をして

をしています。

これを、

「いまやってることと全然関係ないじゃん!
人生ムダにした!」

と思うこともできます。

実際、そう思っていたこともありました(>_<)

しかも、理系を選択した理由も
理系の教科が好きだったからとか言う訳でもありません。

ただ、その当時(高校1年生)に

「男は理系だろ!」

と思い込んでいて選択しただけ^^;

(と言っても、うちの高校は男子校。
全員が理系を選択したわけではなく、
当然ほぼ半数は文系に^^;)

高校3年生になって、
やっぱり英語が好きだから文転したいなと思ったけど、

社会で地理を選択していたため、
受けたい学校を受けられず、
しかたなくそのままも工学部へ。

当時、「男は理系だろ」なんて
何の根拠もない考えで理系を選択した自分を恨みました^^;

その当時は後悔してました(>_<)

その後も、研究が好きだったわけじゃないけど、
なんとなく大学院へ。。。

これも、一時期後悔してました。
「2年間という時間をムダにした」と。

(後略)

でも、あの時
文系に進んでいたら、どうなったかわかりません。

 

もしかしたら、
いまより面白いことになっていたかもしれないけど、
全然つまんないことをやっていたかもしれない。

 

ただひとつ言えるのは、

今、好きでやっているこの仕事に
たどり着いていないということ。

あの時の選択の結果、、、

経験したことも経験できず、
その結果身に付いた能力も得られず、
出会った人とも会えなかった。

これは、誰の人生、誰のどんな選択でも一緒です。

ただ、後悔してしまうのは、
自分のアタマの中で、想像の中で、
選択しなかった方を美化しているだけ。

自分では経験していないので、よく見えているだけ。

「隣の芝は、、、」っていうやつ。

 

他の人をうらやましがるのも一緒。

「あの人は美人だから、、、」

でも、本人に聞いてみると、
もちろんそれで得していることもあるけど、

いろいろ苦労もあるし、結構頑張ってたりします。

人は、自分が経験しなかったことをあまりにも美化しすぎです^^;

それによって、
後悔とか、羨ましいという気持ち
が湧いてきているだけ。

(いつのまにか「羨ましい」もついてきた!)

ということで、

もし過去の自分の選択に対しての
後悔が大きい場合は、
こんなことをやってみましょう。

「あの時この選択をして、
その後にこんな経験をしたからこそ
学んだことを活かして、
これからの人生でこんないいことが起こってくるかも、、、」

という妄想をする。

いまはまだ不満を感じているかもしれないけど、
植物に例えれば、まだ芽が出ていない状態なだけ。

「これから芽が出てくる」

と信じて、想像して、
想像の中でその芽を育てていきましょう。

そうすると、、、

後悔が、明るい未来の希望に変わります♪

どうせ、どちらにせよアタマの中での想像に過ぎません。

でも、後悔よりも、明るい未来の希望を感じていたほうが、
精神衛生上もいいし、行動もできますよね。

それから、こちらはオプションですが、

「過去に違う選択をしていたら、
その後の人生がバラ色だった」

というこれまでの想像を、真逆にして

「違う選択をしていたら、
こんな嫌なこと、望んでいなかったことが
起こっていたかもしれない」

という想像に変えてみましょう。

でも、これはネガティブな想像になるので、
あまりオススメはしません^^;

やるにしても、
一度や二度くらいで十分でしょう。

もし、あなたが今後、
なにかでついつい後悔してしまいそうになった時は、
この記事を思い出してみてくださいね。

どうせ変えられない過去の選択への後悔を手放し、
過去の選択の結果に感謝して、

あなたが望む未来、
望む人生をいまから作っていきましょう♪

応援しています!


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。