「誰もわたしと一緒にいてくれない…」という苦しみ

こんにちは♪ 伊藤勝彦です。

今月、3月は自分の誕生月だからなのか

(たぶん関係ない)

新しい始まりを予感させるように、学びの月になっています。

(そのせいで、ブログの更新が…)

その皮切りとして参加したのが、
昨年も参加したレナード・ジェイコブソンのワークショップ。

ちなみに、今月は他にも…

・ヒプノセラピー、前世療法
・NLPの1Dayワークショップ
・ワンネス・アウェイクニング・コース(再受講)
・サンスクリット語勉強会(マニアック!!)
・コーチング勉強会(久しぶりに参加)

など、学ぶ予定が満載です ^^

さて、そのレナード・ジェイコブソンのワークショップ。

このワークショップは2回目の参加なのですが、
とても素晴らしい体験、学びがありました。

といっても、
なにか新しいことを学んだというわけではなく、
再確認、再体験したということです。

でも、「わかっている」ことにはあまり意味はありません。

「体験する、感じる」ことが重要ですので、
とても意味のある2日間でした ^^

レナードに限らず、多くの人、書籍でも言っているように、
私たちの苦しみを生んでいるもの。

その根本にあるものは、「分離の苦しみ」

一番最初に感じるのは、おそらくは両親との関係において。

心の声としては、

「誰も私を愛してくれない」
「誰も私にかまってくれない」
「わたしはここにいるのに、誰も気づいてくれない」
「誰とも心が通じ合わない」

などなど。

ワンネスの世界から切り離された分離の苦しみ。
魂の奥深い所では、ワンネスの感覚を知っている。

そこはとても居心地のいい場所。
心の故郷。

でも、そこから切り離され、分離し
誰も自分と一緒にいてはくれない(>_<)

わたしはわたし。
あなたはあなた。

生まれて初めて出逢い、一緒に過ごす両親からも
切り離されていると感じてしまう。

それは、両親も「いまここ」にいないから(>_<)。

みんなあらゆることで忙しく、私と一緒にいてはくれない。

でも、ある意味仕方がないんです。

両親も、

「いまここ」にいることができない
「いまここ」にいるということがわからない
「いまここ」にいる人が一緒にいてくれたことがない

のだから。

それは、すっかりわすれてしまった感覚。

子供の頃のあなたもこんなことを感じていたかもしれません。

なにか悲しい、寂しいことがあって話しかけても無視される。
無視はされないにしても、自分としっかり向き合ってくれない。

心が通じ合わない。
両親はそこにいる(肉体はある)のに…

でも、それは、両親も
そういう人との接し方(あり方)を知らないから。

残念なことに、生まれてからこれまでで
本当に「いまここ」にいる人と出会うことはとてもまれ。

もしかしたら、あなたも一度もあったことがないかもしれません。

それぐらい、まれなこと。

なので、「いまここ」にいることはむずかしい。
どんな感覚・感情なのかもわからない。

ほとんどの人がそう。

そして、そんな世界に赤ちゃんとして生まれてきた私たちは、

「誰も私と一緒にはいてくれない」

と寂しさを感じ、不安を感じます。

そして、こんな無意識の問いかけが始まります。

「どうして、私と一緒にいてくれないのだろう?」
「私がなにか悪いのではないか。私の何が悪いんだろう?」
「どうして私は愛されないんだろう?」

答えのない質問ですが、自分なりに答えを導きだします。

そして、

「私は愛されていない」
「私は愛される価値がない」
「両親は私を愛していない」
「私は望まれていない」

などと結論づけ、思い込みに変わっていきます。

そして、これらの想い、感情、思い込みによって
私たちは、エゴの世界で生き、
マインドのストーリーに巻き込まれます。

無料メール講座でも書きましたが

>> 無料メール講座はこちらから登録できます <<

一日の中で「いまここ」にいるのは、
普通の人でわずか3%の時間だけ。

それ以外の時間、97%の時間はマインドの中にいます。

つまり、過去や未来のことを考えて生きている。

本当はどこにも存在しない、過去や未来。
アタマ、マインドの中にだけある過去や未来。

目の前に人がいても、その人は過去や未来に意識が向いている。

そうすると、

「誰も一緒にいてくれない」
「話をしているのに、全然聴いてもらえない」

と感じます。

さて、
97%もの時間に私たちは何をしているのか?

過去の
つらかった出来事、思い
そこでできた思い込みに囚われてしまっています。

そして、それらの過去を投影して、

「どうせまたこうなってしまうんじゃないか…」
「どうせまたうまくいかない、失敗する」

と、将来を悲観し、不安になっています。

「過去と未来は関係ない」はずなのに、

どうしても、どうせ”未来”も”過去”と同じだろう

と思ってしまう。

そして、そんな思いを持っていると、
やっぱり現実化してしまい、引き寄せてしまいますね(>_<)。

レナードのワークショップでも、

一番大切なのは、
「いまここ」にいること(実在すること)
と繰り返し言っています。

そして、言い方や方法は違いますが
感情を解放し、思い込みに気づいて手放すこと。

これは、どんな教えでも根本的には一緒。

シータヒーリングでも、ワンネス・ディクシャでも
(ディクシャでは、「チャージを解放する」と言います。)

これは、私自身もやってきたこと。
そして、クライアントさんもやってきたこと。

大人になった私たちは、多くの感情を押し込めてきました。

生まれたばかりの時には、自分の要求を通すために、
感情をちゃんと出していました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、

「こんなこと言ったら、両親に悪いかな…」

なんて考えず、遠慮せずに

お腹が空いたら泣き
おむつが濡れたら泣いていた。

でも、大きくなってくると、
親もなかなかこちらの要求を満たしてはくれない。

泣いたら、
「泣くんじゃない!」
と怒られたり。

怒りを感じてぶつけると、
(あらゆる)力で押さえつけられる。

そして、怒られる。

こんなことを繰り返していると

感情を出してもムダだ。
感情を出すと、人と傷つける、怒られる。

なんて思い込みがしっかりと出来上がり
感情を表現することができなくなってきます。

だって、否定的な結果しか生み出さないから…

そして、感情がどんどん抑圧されて、
怒り、悲しみ、寂しさなどが、溜まっていきます。

それとともに、いろんな間違った思い込みも…

これらがあるからわたしたちは容易に
マインドの世界にとらわれます。

「いまここ」に生きることは難しく、
過去や未来に生きることになってしまう。

なんといっても、多くの人は毎日の生活の中で、
97%もの時間をマインドの中で生きているのですから!!

こんなことを続けていると、先日のブログで紹介した

「1100人のうち、たった6人だけが…」

ということになるんですね。

(もったいない!!)

まぁ、そんな私も以前は、つねに頭の中が忙しく、
マインドのおしゃべりが続いていました。

そのおしゃべりが、
ポジティブなものなら大歓迎なのですが、
ほとんどはネガティブなもの(>_<)

でも、人は変わるものです♪

感情が解放され、間違った思い込みも手放していくと、
「いまここ」にいることがカンタンになってくる。

頭の中で繰り返されるマインドのおしゃべりが減ってきて…
とても穏やかに日々を過ごせるようになりました ^^

これは、クライアントさんにも起こっていること。

もし、あなたがいまは
マインドのおしゃべり、ストーリに巻き込まれ、
過去・未来に生きていたとしても、変えていくことができます。

そして、日々穏やかに、楽しく生きていけます。

一人ひとりの心が平和になれば、
世界も平和になります。

世界平和も自分の心の平和(平穏)から。

東日本震災から1年。
ぜひ一緒に世界平和に貢献しましょう!!

そのためにも、まず自分自身から♪

心穏やかに「いまここ」を生きることを意識した
日々お過ごしください!!

【はじめての方限定♪】
シータヒーリングお試しセッション(30分4000円)

~今までとはまったく違う自分に出逢いたいあなたへ
宝石赤90日後に新しいあなたに出逢うパーソナルプログラム
    4月開始、残り1名様のみ募集中!

◆ セッションのご案内 ◆
人間関係、仕事、お金などの悩みを潜在意識から解消!
ストレス、不安から解放され、自分らしさを取り戻しませんか?
メニュー・料金
お客様のよろこびの声♪
シータヒーリングセッション(単発・60分~)
セッションルーム(JR中央・総武線 高円寺駅)
 (東京都杉並区。新宿から7分。東京から20分)
 >>お問い合わせはこちらをクリック<<


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。