人の問題を自分の問題にしない

コーチングでもそうですが、人の悩みを聞いているときなどに、相手の問題を自分の問題にしてしまっていませんか?
相手の問題を自分の問題としてしまうと、話を聞いている人が、その問題を解決しようとしてしまい、
・根掘り葉掘り聞き出そうとする
・アドバイスしようとする
・説教する
・過保護になる
というような対応をとってしまう人が周りにもいませんか?
人は勝手に相手の悩みを解決しようとします。

そしてそのために、相手(クライアント、相談者)の話をきちんとハートで聞かずに、すぐに解決しようとしてしまうことがあります。
大切なことは、
「相手を正そうとする前に、相手を分かろうとする」

ことです。
アンソニーロビンズも、コーチングでの第一ステップは
Understand and appreciate their world.
といっています。
そして、相手の問題を解決しようとする態度は、相手の心を閉ざしてしまうかもしれません(ラポールが切れます)。
さらに、仮にそれで解決したとしても、依存心が発生してしまうと、次に同じような問題が発生した場合にも、自分では解決することが出来ず、また人に頼ることになります。
問題・悩みは、自分の内面を見つめる絶好のチャンスなので、聞き手が解決
してしまってはいけません。
ある有名なコーチは、クライアントに
「コーチのおかげで・・・・」
と言われると、
「あぁ、このセッションは失敗だった・・・」
と思うと言っていました。
クライアントの手柄を取ってはいけません。
カウンセリングではなんと言うのかわかりませんが、コーチングでは、
「コーチはクライアントの鏡になる」

と言います。
つまり、クライアントの内面を映し出す鏡になることで、相手が自分の内面を深く見つめることが出来るようサポートします。
そのためには、「人の問題を自分の問題としない」という基本的な態度が大切なのではないか、と思っています。


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。