感謝したいけど、なかなか感謝できない時にはこの言葉を

●感謝したいけど、なかなか感謝できない時にはこの言葉を

 

「感謝をしないとダメだよ」
「感謝をするといいことがあるよ」
「毎日感謝しましょう」

 

こんな言葉、何回も聞いたことがあると思います。

 

「感謝する人はより多く与えられ、豊かさを手に入れる。
感謝をしない人は、持っているものまで取り上げられてしまう」

 

こんな言葉も、これまで何回も聞いたことがあると思います。

 

それで、感謝するために、

「ありがとう、ありがとう、ありがとう」

と唱え続けましょう、なんてワークもありますよね。

 

 

1日に1000回とか、10000回とか。

 

 

わたしも数年前には
カウンター(野鳥の会の人が持っているやつ)
を片手に散歩しながら、

目に入るあらゆるモノ・人に

「ありがとう、ありがとう、ありがとう」

とやっていました(^_^;)

 

このワークは、

「感謝の気持ちは感じなくてもいいので、とりあえず数が勝負!」

というものだったので、とりあえず、唱え続けること数日。

 

すると、、、

「ありがとう」がクセにはなりました!

 

何かというと、

「ありがとう」が口をついて出そうになりました^^

 

ですが、、、

 

とりあえず唱えているだけなので、
感情レベルでは、とくに変化はなく、
とくにいいこともありませんでした。

 

そんなに続けられなかったので、
続けていたら変わっていたかもしれません。

 

 

話が変わりますが、

先日、風呂あがりにテレビをつけると、

鉄腕ダッシュという番組がやっていました。

 

 

DASH島という企画で、TOKIOのメンバーが
無人島で飲み水を確保するために
40年使われていなかった古井戸を蘇らせる
という10ヶ月のドキュメント。

 

途中から見たので、すべてのプロセスはわかりませんが、

井戸の中の石・カベを1つずつ磨いて汚れを取り、
井戸の底にたまったヘドロをすべてかき出し、

新たに、(ろ過するために)きれいな石や砂を沈めていく。
さらに、炭を作って井戸の中に入れていく。

 

さらに、何度も水を書き出していくうちに、
やっと透明になってきた水を煮沸して、やっと飲み水に!!

 

こんな作業をしていました。

ただ、飲み水を確保するためだけに!

 

 

もちろん、わたしたちの生活の中では
こんなことしなくても、
蛇口をひねればきれいな水が出てきます。

 

こういうプロセスを見ると、
アタリマエと思っていることの中にも
感謝できることはもっとありそうですね^^

 

 

スーパーで何気なく買える食料品も

野菜や肉を育ててくれる人がいて、
それがスーパーまでにやってくるまでにも、
たくさんの人の手を経てきています。

それを、わたしたちはカンタンに手に入れることができます。

 

自分で土を耕して、
種をまいて、
水やりして、
肥料を上げたりしなくても。

これは感謝しかありません。

 

こうやって本当に感謝を感じると、
それだけでしあわせになってきますよね。

感謝を噛み締めながら買い物をしていたら
時間はかかりそうですが、
とてもしあわせな気分になってきます。

 

これも、感謝の効能の一つ。

 

もう、これだけのためにでも
意識して感謝してみる価値がありますよね。

 

 

でも、感謝の大切さは、それだけにとどまりません。

 

最初に紹介した言葉の通り、

「感謝する人はより多く与えられ、豊かさを手に入れる。
感謝をしない人は、持っているものまで取り上げられてしまう」

んですね。

 

 

つまり、感謝すればするほど、豊かになっていくということ。

ご利益があります(^_^;)

 

「感謝」で魔法のような未来を引き寄せる本「ザ・マジック」には、
感謝について、こんなふうに書かれています。

 

あなたが感謝を実践していなければ、
より多くを受け取ることはできないということです。

感謝をしなかったため、
人生に魔法が起こるのを邪魔してしまったのです。

 

健康や良好な人間関係、楽しみや儲け、
ビジネスや昇進などの好ましい流れは、
感謝をしないと止まってしまいます。

「受け取る」ためには「与え」なければなりません。

それが法則です。

 

感謝とはお礼を「与える」ことであり、

それをしないでいると、
あなたは自分を魔法から切り離し、
人生で望むものをすべて「受け取る」ことから遠ざけてしまいます。

そもそも感謝しないということは「奪う」ことに等しく、
日々ものごとを当然の権利のように
受け取ってしまっているということです。

 

とあります。

 

でも、わたしたちは、それを知っていても、
なかなか感謝できないんですよね。。。

 

それは、「アタリマエ」と思ってしまっているから。

特に、身近な人に対しての感謝を忘れてしまいがちです。

 

ついつい、

「親だから、○○してくれてアタリマエ」

「夫だから、妻だから○○してくれてアタリマエ」

なんて考えてしまいます。

 

 

でも、それって本当でしょうか?
本当にアタリマエ?

 

わたしも、つい最近まで、
親がしてくれたことは、アタリマエと感じていました。

 

いろんな方の話を聞くたびに、

「あ~、アタリマエと思っていたけれど、
ありがたいことなんだな」

と、やっと改めて感じました。

 

そして、いまでは両親を尊敬しています。

 

わたしは3人兄弟(姉と妹がいます)。

うちの両親は、学歴はありませんが

姉は、かなり学費が高い東京の旅行専門学校へ
わたしは、名古屋の大学、大学院へ
妹は、地元の国立大学へ

と3人とも、専門学校や大学、大学院に行かせてもらいました。

さらに、わたしが高校の時には、家を建て替えました。

 

 

これ。

実家にいた頃や、学生時代、さらに会社員の時代は
特になんとも思っていなかったのですが、

いまになってみると、

「正直すごいな~」と尊敬します。

 

 

 

いま、わたしは子どももいないので、
かなり自由に好きなことだけやって生きていますが、

わたしの父は、いまのわたしの年齢の頃には、
すでに子どもが3人もいたんです。

3人もの子どもを養って、家を建てて、、、

 

これはすごい!!

 

クライアントさんや友人など、たくさんの方の話を聞いていると

わたしがアタリマエと思っていることを

「親がしてくれなかった、、、」

という思いを持っている方もたくさんいます。

 

 

事実はわかりませんが、
もしかしたら本当にそうなのかもしれません。

 

ここからも、アタリマエじゃないんだな、と感じます。

 

 

そして、

「親が○○してくれなかった」

という思いを持っている方であっても、

 

それでもなお、

たくさんのことを両親からしてもらってきているはずなんです。

 

 

あなたは十分でないと感じているかもしれないし、

他の家庭と比較したら

「何でうちは! うちの両親は!」

と憤りを感じることもあるかもしれませんが、

 

それでも、今、わたしたちが
大人になるまで成長できたということは、
たくさんの愛を受けているはずなんですね。

(ただし、上手に表現できない親がいることも事実です(>_<))

 

 

・学校に行かせてくれた
・○○を買い与えてくれた
・大人になるまで、ご飯を食べさせてくれた
・住む家を提供してくれた
・(少ないかもしれないけど)お小遣いをくれた

などなど。

 

 

アタリマエと思っていることも
実はアタリマエではないんです。

なぜなら、アタリマエと思っていたことを
残念ながら両親から得られなかった人もいるから。。。

 

 

でも、このアタリマエのカベがあると、
なかなか感謝できません。

「アタリマエ」と思ってしまっているから感謝できない。

 

 

わたしも偉そうに人のことは言えませんが(^_^;)

 

 

 

これは、もちろん両親にかぎらず、

たとえば、

・奥さんが料理を作ってくれる
・旦那さんが働いて、給料を家に持ってきてくれる

 

なんて、こともアタリマエになってしまって、
感謝できない関係になってしまっていることがあります。

 

 

そして、お互いに

「ありがとう」と相手には言わないけれど、

自分に「ありがとう」と言ってもらえないことには、
不満を持ってしまったりします(^_^;)

 

 

 

さて。

とはいっても、やっぱり「アタリマエ」のカベに負けず、

感謝したいですよね。

 

しあわせな気持ちになれるし、ご利益もあります(^_^;)

 

よく言われるように、アタリマエと思っていたものを
失って初めて感謝できたり、気づくこともあります。

でも、失うまで待つ必要はありませんし、
失ってから後悔したくはないですよね?

 

そのために、感謝をすすめるワークはたくさんあります。

でも、このアタリマエのカベにぶつかってしまうと、
感謝できることがなかなか見つけられません。

 

 

こういう時のヒントとして、

最近読んでいた本で紹介されていた、
一昨年に亡くなった小林正観さんの言葉を紹介しますね。

 

この言葉を知ったとき、

「なるほど~、こんな言葉を使ってみると

カンタンに感謝できるな~」

と感じ、あなたにもお伝えしたいと思いました♪

 

その言葉とは、、、

 

「となりのおじさん(おばさん)だったとしたら?」

というものです。

 

 

たとえば、先ほどの

・旦那さんが働いて、給料を家に持ってきてくれる

これが、アタリマエになっていたとします。

 

そこで

「となりのおじさんだったとしたら?」
と考えてみます。

 

となりのおじさんが、毎月給料を届けてくれたとしたら、、、

これはもう、感謝・感激ですよね!!

「え、どうしてそんなことを毎月。。。」

となります。

 

 

同じように、

・奥さんが料理を作ってくれる

がアタリマエになっていたとします。

 

そこで、

「となりのおばさんだったとしたら?」
と考えてみる。

 

となりのおばさんが、
毎日食事の用意をして持ってきてくれたら

これも、感謝しかないですよね。

 

「どうしてそんなことをしれくれるんだろう?
毎日なんてありえない! なんてありがたいんだ。。。」

と思いませんか?

 

 

7523281_l

でも、それを普通に

父・母、ダンナさん・奥さんがやってくれているんですね。

 

そう思うと、
もう、感謝しかありません!!

ついさっきまでアタリマエと思っていたけれど(^_^;)

 

こんなことを考えてみると、
感謝できることはたくさんありそうです。

 

他にも、感謝のワークのコツはいくつかあるのですが、
また長くなってしまったので、今後お話していきますね。

 

こうやって、日常的に感謝できるようになってくると

”感謝筋”がついてきて、自然に感謝できてくるかもしれません。

 

そして、その感謝のエネルギーが、
さらに感謝したい、感謝できることを引き寄せてきます。

 

こうなったらすごくいい循環ですね☆彡

 

ぜひご自身のためにも、
感謝の習慣を始めてみませんか?

感謝を習慣化して実践していったらどう変わっていくでしょうか?

 

わたしも、いままで以上に意識して
「感謝の習慣」を身につけていこうと思います。

あなたも、一緒にいかがですか?

 

そして、ブログを読んでくださっている
あなたにも感謝しています♪

いつもありがとうございます^^


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。