「ポジティブシンキングは現実的じゃない!」は本当か?

こんにちは♪

頑張っても変われなかった方のための
ゆるやかブレイクスルーコーチ伊藤勝彦です。

 

子どもの頃、日曜の夜といえば、
19:30からやっていた、
世界名作劇場が楽しみでした。

家族で安心して見られる
平和なアニメをやっていました。

 

フランダースの犬とか、トムソーヤの冒険とか
母をたずねて三千里、あらいぐまラスカル
ペリーヌ物語、アルプスの少女ハイジ
ふしぎな島のフローネ(歌が好きでした)

などなど名作揃い。

いや~いい時代でした^^

 

その中の一つに、
「愛少女ポリアンナ物語」
というものがありました。

 

ポジティブシンキングは現実的ではない?

 

その頃はもう高校生だったので、
見ていませんでしたが、

NLP(神経言語プログラミング)を学んでいたときに、
話題に上がりレンタルして見てみました。

 

どんな話かというと、

父を亡くして孤児となったポリアンナが
貧しさや不幸に負けずにがんばっていくという話。

どれだけ苦しい状況でも、
牧師である父親の遺言の「よかった探し」をする
ポリアンナが印象的で、
前年の『小公女セーラ』に続くヒット作となった。
(Wikipediaより 抜粋)

というもの。

 

有名なのは、
ポリアンナがやっていた「よかった探し」

どんなにつらい状況でも、苦しいことがあっても、
その中から「よかったこと」を探す「よかった探し」

 

これが、NLPの講座で
「リフレーム」の説明として
紹介されていたんですね。

 

ただ、ちょっとネガティブにとらえる人には、

「変なポジティブ・シンキング」
「無理やりなポジティブ・シンキング」
「キモい!」(笑)

と思われ、

 

こういう「よかった探し」をする人を称して

「ポリアンナ症候群」

と呼ばれたりします^^;

 

でも、よく言われるように
「出来事にいいも悪いもない」
んですね。

 

感情的には納得しづらいことも
あるかもしれませんが、

やはり、実際には

「出来事は無色透明」であり、

その出来事に、
どんな意味付けをするか次第で、
いいことにも、悪いことにもなる

というのが、どうやら正しそうです。

 

たしかに、辛いことがあった時に
「よかった」と思うのは
難しいこともあると思います。

 

でも、モノの見方もトレーニング次第。

 

世の中には上級者もいます。

 

例えば、

私たちからしたら、
辛いことであったとしても、

ガンジーとか、お釈迦様とかだったら
平然と穏やかな笑顔を浮かべてそう。

 

 

ポジティブなモノの見方の例

 

例えば、会社をクビになったとします。

 

自分で辞めたくて
辞めたのでなければ

普通に考えれば、ネガティブなこと。

 

落ち込んで、絶望しても
そんなに不思議がられません。

 

でも、それをキッカケに

ずっと自分がやりたかったことで起業し、
成功をおさめた。

家族との時間も取れるようになり、
夫婦仲も良くなった。

なんて話は良くあります。

 

他にも、

大病を患ったことにより、
その後、健康に気をつけるようになり、
以前より健康になったり、

病院で、出会いがあったり。

 

人生の使命に気づき、
病気が治ってからは(たとえ治らなくても)

病気になる前よりも、
日々充実して生きていて、

以前では想像もつかないようなことを成し遂げた。

 

人にも優しくなり、心穏やかに
感謝にあふれた毎日を過ごしている

 

なんて話もよくあります。

 

すべては解釈次第! 幸せにも不幸にも変えられる

 

逆に、
宝くじで大当たりしたものの、、、

 

それまで仲良かった家族がバラバラになり

借金まみれになったり、一家離散になったり
強盗に襲われたり

なんて話もよく聞きます。

 

そう。

 

何がいいか悪いかは
「出来事」では決まるわけではないのです。

 

出来事をどう解釈し、
その後の行動をどう選択していくか次第。

 

だとしたら、

無色透明の出来事に対して
わざわざネガティブに捉えて、
嫌な気分になるよりも

「よいこと」「よい面」を見てみよう!
というのがリフレームであり、

ポリアンナがやっていた「よいこと探し」
なんですね。

 

ポジティブ、ネガティブどっちが「現実的」?

 

この「よいこと探し」ですが

先ほどお話したとおり、

「過度のポジティブシンキングだ」
「現実的でない!」
「あまりにも現実離れしている!」

なんて批判があり、
「ポリアンナ症候群」
なんて言われていることがあります。

 

もちろん、一理あるし、気持ちもわかります。

 

でも、、、

じゃあ、、、

 

否定的に考えることが
ネガティブに捉えることが
現実的なのか?

というとこれまた疑問ですよね?

 

ただ、油断すると多くの場合、

 

なぜか

  • ネガティブに捉えること、
  • 悪い面の方を見ること
  • 否定的に見ること

が多くなってしまいます。

 

おそらく、
テレビとか新聞、雑誌などの影響でしょう。

これらの影響で
否定的な情報に触れることが多く、
そういう見方が自然と身についてしまうんですね。

 

他にも、

なんでも鵜呑みにしたり
「いいね、いいね~」なんて言っているより

評論家のように
イチャモンつけていた方が

なんとなく賢そうな気がする
なんていうのもありそうです^^;

 

ですので、

「本当はちょっといいかも」

と思っていも

ネガティブに捉えてしまうクセが
ついてしまったのかもしれません。

 

ネガティブな方が現実的は本当か?

 

でも、、、

もし、そんな影響がなかったとしたらどうでしょう?

 

そういう影響をいったんリセットして
あらためて考えてみると、どうでしょう?

 

どうしてわざわざ否定的に考えるのか?
どうして悪い面ばかりを考えることが現実的なのか?

と思いませんか?

 

さきほどの例のように、
よい面もあるかもしれないのに…

 

ただなんとなく

否定的な考え方 = 現実的
肯定的な考え方 = 非現実的

だと、思いこんでいるだけではないでしょうか?

 

ある有名な研究結果でも、

「私たちの不安の90%は現実には起きない」

と言われています。

 

悪いことばかり考えて
心配したり、不安になっても、
実際にそれが起こるのはわずか10%。

 

しかも、実際に起こる10%の中には

  • 自分ではどうしようもできないこと
  • コントロールできないもの

があるため、

 

実際には、96%は心配してもしかたがないこと

なのだそうです。

 

だとしたら、、、

あれっ!?

どちらかと言えば、

よい面を見たり、
楽天的に考えることの方が
現実的では???

 

モノの見方が、現実を変える

 

だとしたら

ポリアンナまではいかなくてもいいですが
何か嫌だなと感じる出来事があった時に

「この出来事のよい面は?」
「この出来事になにか良いことがあるとしたら何だろう?」

と考えてみるのも悪くありませんよね。

 

実際にやってみると、
世界の見え方が徐々に変わってきます。

 

そして、

自分がフォーカスするもの、見ようとするものが現実化する

 

とも言われます。

 

そう。

フォーカスしたものが
「現実に」「現実的に」なってくるんです。

 

ネガティブなことにフォーカスし続ければ、
それが現実になり、

ポジティブなことにフォーカスすれば、
それが現実になる。

 

だとしたら、、、

あなたはどちらの見方を選択したいですか?

自由にどちらを選んでもいいとしたら、
どちらを選びますか?

 

まずは、すべてではなくてもいいので、

よい面を見たり、
楽天的に考えること

も選択肢に入れて
意識的にこの目で”も”見てみる
ことをおすすめします。

 

やってみると、
じわじわと変化が現れてきます。

そして、いつの間にか、
人生が180度ガラッと変わってくるでしょう。

お試しあれ!

 

P.S.
あなたもブレイクスルーの仕組みを理解して
自分らしくゆるやかにブレイクスルーしたくありませんか?

ゆるやかブレイクスルー・メソッドを体系的に学べる
こちらの無料メール講座がオススメです。


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。