自分を「ギュッ」と抱きしめてますか? もう無理はしない! 「しあわせエッセンス」で、自分の真ん中が見えてくる


「ポジティブシンキングは現実的じゃない!」は本当か?


こんにちは♪ 伊藤勝彦です。
子どもの頃、日曜の夜といえば、
19:30からやっていた、
世界名作劇場が楽しみでした。

家族で見られる
平和なアニメをやっていました。

フランダースの犬とか、トムソーヤの冒険とか
母をたずねて三千里、あらいぐまラスカル
ペリーヌ物語、アルプスの少女ハイジ
ふしぎな島のフローネ(歌が好きでした)

などなど名作揃い。

いや~いい時代でした^^
その中の一つに、
「愛少女ポリアンナ物語」
というものがありました。

その頃はもう高校生だったので、
見ていませんでしたが、

NLPを学んでいたときに、話題に上がり
レンタルして見てみました。

どんな話かというと、

父を亡くして孤児となったポリアンナが
貧しさや不幸に負けずにがんばっていくという話。

どれだけ苦しい状況でも、
牧師である父親の遺言の「よかった探し」をする
ポリアンナが印象的で、
前年の『小公女セーラ』に続くヒット作となった。
(Wikipediaより 抜粋)

というもの。
有名なのは、
ポリアンナがやっていた「よかった探し」

どんなにつらい状況でも、苦しいことがあっても、
その中から「よかったこと」を探す「よかった探し」

ポリアンナ

これが、NLPの講座で
「リフレーム」の説明として
紹介されていたんですね。

ただし、ちょっとネガティブにとらえる人には、

「変なポジティブ・シンキング」
「無理やりなポジティブ・シンキング」
「キモい!」(笑)

と思われ、

こういう「よかった探し」をする人を称して

「ポリアンナ症候群」

と呼ばれたりします^^;
でも、よく言われるように

「出来事にいいも悪いもない」

んですね。
感情的には納得しづらいことも
あるかもしれませんが、

やはり、実際には

「出来事は無色透明」であり、

その出来事に、
どんな意味付けをするか次第で、

いいことにも、悪いことにもなる

というのが、どうやら正しそうです。
たしかに、辛いことがあった時に

「よかった」と思うのは

難しいこともあると思いますが、
モノの見方もトレーニング次第です^^;

わたしたちからしたら、
辛いことであったとしても、

例えば、

ガンジーとか、お釈迦様とかだったら

なんとなく、平然としていそうです。
口元にニヤリと
ほほ笑みを浮かべていそうです^^


 例えば、会社をクビになったとします。

自分で辞めたくて
辞めたのでなければ

普通に考えれば、ネガティブなこと。

落ち込んで、絶望しても
そんなに不思議がられはしませんよね。

でも、それをキッカケに

ずっと自分がやりたかったことで起業し、

成功をおさめた。

また、おかげで家族の時間も取れるようになり、
夫婦仲も良くなった。

なんて話もよくあります。

 

他にも、、、

大病を患ったことにより、
その後、健康に気をつけるようになり、
以前より健康になったり、

病院で、出会いがあったり、とか

人生の使命に気づき、
病気が治ってからは(たとえ治らなくても)

病気になる前よりも、
日々充実して生きていて、

以前では想像もつかないようなことを成し遂げたり

人にも優しくなり、心穏やかに
感謝にあふれた毎日を過ごしている、

なんて話もよくありますよね。

 

逆に、

宝くじで大当たりしたものの、、、

それまでは仲良かった家族がバラバラになり

借金まみれになったり、一家離散になったり
強盗に襲われたり

なんて話も(>_<)
そう、何がいいか悪いかは
「出来事」では決まらないということです。

どう解釈し、その後の行動を
どう選択していくか次第。

だとしたら、

無色透明の出来事に対して

わざわざネガティブに捉えて、
嫌な気分になるよりも

「よいこと」「よい面」を見てみよう!

というのがリフレームであり、

ポリアンナがやっていた「よいこと探し」

なんですね。

 

さて、ここまでが前フリです(長いっ!)^^;
それで、、、
この「よいこと探し」ですが

先ほどお話したとおり、

「過度のポジティブシンキングだ」
「現実的でない!」
「あまりにも現実離れしている!」

なんて批判があり、

「ポリアンナ症候群」

なんて言われていることがあります。
まあ、もちろん、
一理あるし、気持ちもわかります。

でも、、、
じゃあ、、、
否定的に考えることが
ネガティブに捉えることが
本当に現実的なのか?

というとこれまた疑問ですよね?
ただ、油断すると多くの場合、

なぜか

・ネガティブに捉えること、
・悪い面の方を見ること
・否定的に見ること

が多くなってしまいます。
おそらく、
テレビとか新聞、雑誌などの影響でしょう。

これらの影響で
否定的な情報に触れることが多く、
そういう見方が自然と身についてしまうんですね。

他にも、

なんでも鵜呑みにしたり、

「いいね、いいね~」
なんて言っているより
評論家のように
イチャモンつけていた方が

なんとなく賢そうな気がする、
なんていうのもありそうです^^;

なので、

「本当はちょっといいかも」

と思っていも、

ネガティブに捉え直してしまうクセが
ついてしまったのかも。

でも、、、
そういう影響がなければどうでしょう?

そういう影響をいったんリセットして
考えてみると、どうでしょう?

どうしてわざわざ否定的に考えるのか?
どうして悪い面ばかりを考えることが現実的なのか?

と思いませんか?
さっきの例のように、
よい面もあるかもしれないのに。。。

なんとなく、ただなんとなく

否定的な考え方 = 現実的
肯定的な考え方 = 非現実的

だと、思いこんでいるだけではないでしょうか?
ある有名な研究結果でも、

「わたしたちの不安の90%は現実には起きない」

と言われています。

 

悪いことばかり考えて
心配したり、不安になっても、
実際にそれが起こるのはわずか10%。
しかも、実際に起こる10%の中には

自分ではどうしようもできないこと
コントロールできないもの

 

があるため、実際には、

96%は心配してもしょうがないこと

なのだそうです。

 
だとしたら、、、
あれっ!?

 

どちらかと言えば、

よい面を見たり、
楽天的に考えることの方が
現実的では???

まあ、ポリアンナまでは
いかなくてもいいかもしれませんが、

何か嫌だなと感じる出来事があった時に

「この出来事のよい面は?」
「この出来事になにか良いことがあるとしたら何だろう?」

と考えるクセをつけてみるのもありかな

と思いませんか?

 

実際にやってみると、
世界の見え方が徐々に変わってきますよ♪

そして、自分がフォーカスするもの、
見ようとするものが
現実になってくるとも言われます。

そう、それが「現実に」「現実的に」なってきます。
ネガティブなことにフォーカスし続ければ、
それが現実になり、

ポジティブなことにフォーカスすれば、
それが現実になる。


だとしたら、、、

あなたはどちらの見方を選択したいですか?

自由にどちらを選んでもいいとしたら、
どちらを選んだほうがトクでしょうか?

まずは、すべてではなくてもいいので、

 

よい面を見たり、
楽天的に考えること

も是非選択肢に入れてみて、

意識的にこの目で”も”見てみる

ことをおすすめします♪
やってみると、
じわじわと変化が現れてきますよ~

そして、いつの間にか、
人生が180度ガラッと変わってくるでしょう。

是非、やってみてください。

--------------
自分らしくゆるやかにブレイクスルー
できる体質に生まれ変わる12ステップを
完全無料で公開しています!
詳しく知りたい方は コチラへ
--------------

いつもたくさんのお問い合わせ
ありがとうございます。

”継続コース”はただいま
定員オーバーとなっており
体験セッションの募集は停止しています。

今後、空きが出た際には
募集させていただきますね。

メルマガ読者の方に優先的にご案内します。
ご希望の方はこちらから登録しておいてください。

●セッションのご案内
人間関係・仕事・お金などの悩みを潜在意識から解消!
・サービスメニュー
・お客様のよろこびの声♪
・セッションルーム(JR中央・総武線高円寺駅2分) (新宿から6分。東京から21分)
>>お問合わせはこちら<<
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


しあわせライフ・コンシェルジュ 伊藤勝彦


潜在意識レベルからの変化を起こし、人生を180度ガラッと変えるサポートをしています。

おすすめ記事

人気の記事

主な実績

★1200人以上の人生の悩みをセッションで解消
★潜在意識の根本から変えることで、表面的ではない、人生を180度ガラリと変えるセッションを提供
★自分嫌いの人が、ありのままの自分を愛せるように変化
★イライラ、不安、恐れから解放され、生まれ変わったかのように穏やかな人間に変化
★夢・目標の実現を邪魔する心のブレーキを解除し、実現を強力にサポート
★人間関係の悩みをたった一回のセッションで解消
★恋愛、婚活の悩みを解消。「数年ぶりに恋人ができた」「念願の結婚ができた」などの声多数
★お金のブロックを外し、昇給や臨時収入をGet
★長年のトラウマを一発解消

「自分らしく生きて
"しあわせ体質"を手に入れる」
無料メール講座(全12回)

詳しくはこちらをクリック→

お名前(姓のみ・漢字)

※必須
email

※必須

カテゴリー

最近の投稿

サイト内の記事検索

アーカイブ


このページのTOPへ