自分らしさを見失って、窮屈になっていませんか?

こんにちは♪

頑張っても変われなかった方のための
ゆるやかブレイクスルーコーチ伊藤勝彦です。

 

あなたは、自信を持って
「私は自分らしく生きてます!」
と言い切れますか?

 

今日は、あなたが今すぐに
「自分らしく生きられる」のに役立つ
あるストーリーを紹介します。

 

多くの悩みの原因とは?

 

多くの悩みの原因は、
「自分でないものになろうとしている」
ことから発生しています。

 

これが根本の原因です。

 

「自分ではないもの」になろうとしているので、

「ありのまま」の自分ではダメ

となって、苦しみを生んでいるんですね。

 

本当は、人それぞれに
ユニークさというものがあります。

 

あなたは自分のユニークさに
誇りを持っていますか?

 

ユニークさと言っても、
おかしいとか面白いという意味ではありません。

 

ユニークさとは、
自分らしさであり、
自分の個性、独自性です。

 

私たちを構成しているもの

 

人を構成しているものには
どんなものがあるでしょうか?

名前、身長、体重、顔、
出身地、趣味、住んできた場所、
経験、仕事、学歴、能力
信念、思いこみ、血液型、生年月日、星座

などがありますよね。

 

そして、ちょっと考えてみればわかるように
これらがすべて同じ人というのはいません。

 

つまり、あなたと同じ人は
世の中にひとりもいないわけです。

 

いま、この地球上にいる70億人だけでなく、
これまでの人類の歴史においても。

 

それなのに、、、

そのユニークさを
隠し続け、発揮せずに、
他の人と同じようなフリをして
みんな生きているとしたら、、、、

ちょっと怖いですよね(>_<)
大量生産されたロボットみたい。

 

これでは、
地球レベル、宇宙レベルでの損失です。

 

それに、なによりも
つまんないですよね…

 

そんな生き方をしていたら
生きがいなんて感じなくても仕方ありません。

 

自分らしさなんてまったくなく
みんな同じ。

 

そして、

みんなお互いに遠慮して
縮こまって生きている。

 

自分を表現できず、
自分の能力を使わずに、
”無難”に生きている。

 

本当は、すべての人が、
それぞれの個性を持っていて
それぞれの能力・魅力を持っています。

性格も性質も違う。

ガツガツ行くのが好きで得意な人と、
穏やかに人をサポートしていくのが好きな人

人それぞれです。

 

それがいいとか、悪いとかではなく
それぞれに良さがあるのです。

 

「男なんだから」、「女なんだから」の呪縛

 

よく聞く言葉に、
「男だから」「女だから」
という言葉があります。

 

世の中で、何となくまかり通っている
「男らしい」「女らしい」というイメージ。

 

でも、「男」と「女」で二分するというのは、
かなり雑な分け方です。

 

これは、わたしたちを構成している
個性、性質の一つに過ぎません。

 

でも、世の中の思い込みによって

「男なんだから・・・」
「女なんだから・・・」

「男らしくしなさい」
「女らしくしなさい」

「男らしくない」
「女らしくない」

なんて呪縛にしばられてしまいます。

 

ここからも、たくさんの苦しみが生まれています。

 

でも、そんな雑に、大雑把に
人って決まるものではありません。

人それぞれまったく違いますから。

 

ですので、もしあなたも
こんな呪縛にとらわれているとしたら、
その呪縛から自分を解放してみませんか?

 

そのために、教訓となる
お気に入りの話を紹介します。

 

自分らしさを失った理由(ストーリー)

 

ある町にあるスーツ屋(仕立て屋)。

 

新しい仕事を始めるにあたり、
新たな希望に満ち溢れたひとりの男が

このスーツ屋を訪れ、
既製品ではない
新しいスーツを仕立ててもらった。

 

一週間後、
できあがったスーツを受け取りに
お店に再び訪れる。

お店の重い、古びた
きしむドアを開けて店内へ。

薄暗い店内で、
頑固職人といった風貌の店主が出迎える。

 

男は、できあがったばかりの
スーツを身にまとい、

仕立屋とともに鏡の前に立ち、
最後の手直しをする。

 

右袖が少し短い。

「袖が短いな」
「もう少し長くしてください」

すると仕立屋は

「いや、短くはないですよ。
 右腕が長すぎるんです。
 腕を少しだけ袖の中に引っ込めてください」

 

男はいぶかりながらも、
渋々言われたとおりにしたが、
今度は、上着の襟がしっくりこない。

「袖はよくなったけど、
 首と襟との間があいているぞ」

「いや、襟は問題ありません。
 ためしに、左の肩を少しだけ
 持ち上げてみてください」

 

男はまたしても言われたとおりにしてみた。

「そう、そのくらい。
 ほら、隙間もなくなったでしょ?」

すると、今度は
上着の背中の部分が引っ張られて、
おしりが出てしまった。

そう言うと、

「頭を低くして前にかがめばいいんですよ」
と店主がめんどくさそうに言う。

 

男はとうとう、
上着はぴったりだと
納得させられて店を出た。

 

そのため、彼は体を曲げて、
ぎこちない姿勢で歩かなければならなくなった。

 

そのスーツを着たまま、炎天下を
セミの暑苦しい鳴き声を聞きながら
バス停まで向かう。

暑さのせいか、
ぎこちない体勢で歩き続けたせいか

全身から大量の汗がでて、
買ったばかりのスーツにしみわたる。

(なんとかバス停にたどり着いた・・・)

 

彼がバスに乗ると、隣に座った
白髪頭の初老の男性が声をかけてくる。

「あなた、そのスーツは
 あそこのお店で作ったんでしょう?」

「どうしてわかるんですか?」

 

座席に座ってもぎこちない姿勢の男性が
不思議がって尋ねると…

初老の男性が答えた。

「あなたみたいに
 体の曲がった人に合う服を作れるのは
 この街では、あそこしかない」

 

このおかしさ、わかりますか?

 

他人事だと、おかしいことに気づきますが、
自分のことだと、なかなか気づけないもの。

 

あなたもこのように
自分の体にスーツを合わせるのではなく
スーツに自分をムリヤリ合わせようとしていませんか?

 

あなたらしさを奪っている考えを手放していきましょう

 

これからの日常生活の中で、
ぜひ、自分の考えを観察してみてください。

 

すると、

「〇〇すべき」
「〇〇すべきではない」
「〇〇が正しい」
「〇〇しなければならない」

などの

社会や親からの思いこみでできた
「自分に合わないスーツ」
着させられ続けてきたことに気づくでしょう。

 

そして、それに気づけば
身体にあっていないスーツ(思いこみ、価値観)
を脱ぎ捨てられるようになります。

思いこみの外し方
自分ひとりでできる思い込みの外し方は
こちらの無料メール講座でお伝えしています。 

 

もし、あなたもいつの間にか持ってしまった
思いこみでがんじがらめになっていたら
今日のストーリーを思い出してください。

 

そして、自分に合わないスーツを脱ぎ捨てて
あなたの個性、ユニークさを活かして、
自分らしく生きていきましょう♪

 

毎日が、今までとぜんぜん違うものになりますよ^^

 

そして、本来の自分を発揮したほうが
あなたの魅力が増し、エネルギー・波動も上がってきます。

そんな自分でいたほうが、
夢や目標の実現も圧倒的にしやすくなりますよ。

 

 

P.S.
あなたもブレイクスルーの仕組みを理解して
自分らしくゆるやかにブレイクスルーしたくありませんか?

ゆるやかブレイクスルー・メソッドを体系的に学べる
こちらの無料メール講座がオススメです。

 


ゆるやかブレイクスルー
7ステップ無料講座

1300人以上のセッション経験からわかった「がんばり続けても変われなかった人」が、生まれ変われた秘密とは?

たった90日で無理せず自分らしく、次々と夢や目標を叶えられるブレイクスルー体質に生まれ変わる!

今だけ無料で公開中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

頑張り続けても変われなかった方が、自分らしくゆるやかにブレイクスルーしていくお手伝いをしています。 これまで、1200人以上の方にセッションを提供。 元外資コンサルのコーチ&潜在意識ヒーラー。 少林寺拳法3段。